未来共生科学 × SDGs

環境科学科は、麻布大学の教育理念「地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして~」と共に、国連が掲げる持続可能な開発目標 (SDGs) に先進的に取り組んでいます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015 年 9 月に開催された国連サミットにおいて、「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ(通称:2030 アジェンダ)」が採択されました。この中心にあるのが、17 のゴール、および 169のターゲットから成る持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、通称 SDGs)です。SDGs とは、人類及び地球の持続可能な開発のために達成すべき課題とその具体的な目標です。すなわち 2030 年までに実行、達成すべき事項を整理しています。  (内閣府地方創生推進事務局資料より抜粋)

環境科学科のSDGsへの取り組み

麻布大学×アサヒビール 「脱・使い捨てに向けた取り組み」

● コーヒーショップやイベント等で使用する使い捨てのカップ。日本国内で1年に消費される「使い捨てカップ」の数はどのくらいだと思いますか?「アサヒビール株式会社」調べによると、日本で年間消費する使い捨てカップは、おおよそ、プラスチックカップ35億個、紙カップ75億個で、計110億個にもなるそうです。そこで麻布大学は、アサヒビール株式会社と学術指導契約を締結し、「脱・使い捨て」の浸透に向けた産学連携プロジェクトを始めました。「森のタンブラー」を開発したアサヒビール(株)と環境科学科の学生を中心とした大学生の力を結集させ、私たちの「使い捨て」という消費行動の見直し、様々な飲料についての「森のタンブラー」の活用の検討、大学生目線によるリユース促進の企画立案等を行い、使い捨てしない消費文化の社会啓発に協働で取り組んでいきます。


関連記事

プレスリリース:「麻布大学、アサヒビールと連携し『脱・使い捨て』の浸透に向けて取り組みを開始」

プレスリリース:有機資源から生まれた『森のタンブラー』2020年の取り組み■アサヒグループ内の有機資源を『森のタンブラー』に有効活用

News:「アースデイ東京2020」のオンラインイベントに環境科学科の学生がパネリストとして参加

News:麻布大学×アサヒビール「一杯からはじめよう!脱・使い捨てAction」が始動


「かながわSDGsパートナー」に登録

神奈川県では、県内の企業・大学等におけるSDGs推進の裾野を広げることを目的として、SDGsの推進に資する事業を展開している企業・大学等を「かながわSDGsパートナー」として登録しています。本学は環境科学科を中心に、SDGsに先進的に取り組んできおり、この度その取り組みが認められ、「かながわSDGs パートナー」に登録されました。


2019年10月3日(木)に「かながわSDGsパートナー 第2回登録式」が横浜市開港記念会館 講堂で執り行われ、環境科学科 川上地域連携センター長と坂西特任助教が出席しました。


里山でのESD(持続可能な開発のための教育)の実践

● 相模原市緑区青根を舞台に、大学発の市民参加型団体「あざおね社中」が中心となり、生物多様性の把握やまちづくりに取り組んでいます。休耕田の復活、環境省が進めるモニタリングサイト 1000 里地調査にも参加し、アカガエル類、カヤネズミ、水環境、人為的インパクトの調査も行っています。この取り組みは、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)認定連携事業(第9弾)に認定され、科学技術振興機構(JST)の日本におけるSDGsの取組をまとめた事例集や神奈川県で作成された「SDGsアクションブックかながわ」等に掲載されました。


関連記事

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)認定連携事業(第9弾)について

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた産学官NGO等の取組事例(国立研究開発法人科学技術振興機構)

「SDGsアクションブックかながわ」(神奈川県


環境カフェの開催

環境カフェにおいてSDGsの観点から、環境科学科の研究・教育・実践を議論しました


エコプロに出展

●エコプロダクツ展は、環境問題の解決に貢献することを目的に多様なステークホルダーが出展する日本最大級の環境展示会です。環境科学科では、「エコプロ2017 環境とエネルギーの未来展」、「エコプロ2018 SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」、「エコプロ2019 持続可能な社会の実現に向けて」に出展しました。

2019年の展示会では、環境科学科の①教育・研究、②新しい教育・研究プログラム、③新プログラム「地球共生系フィールドワーク教育」と「未来の共生科学を拓く地球共生系PBL」の今年度の活動、④地域連携やSDGsへの取り組みを紹介しました。本年度は会場の都合によりブースが例年よりも小さめでしたが、多数の方々にブースにお立ち寄りいただき、この出展をきっかけに、本学とアサヒビール(株)との協働の取り組みを開始しました。

SDGs関連News

朝日新聞主催「大学SDGs Action Awards 2020」でスタディツアー(鹿児島県瀬戸内町×日本航空)賞を受賞


 朝日新聞社主催「大学SDGs ACTION! AWARDS 2019」に引き続き、「大学SDGs Action Awards 2020」において、麻布大学環境科学科の学生がファイナリストに選ばれました。2年連続の快挙です。さらに、2月15日(土)13:25から渋谷QWS スクランブルホールにおいて行われた「大学SDGs Action Awards 2020」の最終選考会で、環境科学科2年次の三橋晴香さんと西山香瑠さんの学生チームはスタディツアー(鹿児島県瀬戸内町×日本航空)賞を受賞しました。今後、チーム一丸となり、瀬戸内町の持続可能な町づくりに向けて、町の方々と一緒に取り組んでいきます。