カリキュラム・学びの流れ


1年次は、基礎化学、基礎生物学などの科目で、化学や生物の基礎を徹底します。併せて、地球環境科学や環境生態学などの科目で、環境問題の全体像の把握するとともに、実験の基礎技術やフィールドワークの安全管理を習得します。

主な科目

〇基礎化学 〇基礎生物学 〇環境生態学 〇基礎数学 〇基礎統計学同演習 〇地球環境科学 

◇基礎科学実習 ◇衛生動物学同実習 ◇フィールドワーク入門 ◇環境調査入門



2年次から、水環境学や大気環境学などの環境専門科目を学びます。また、環境衛生学や水質衛生学、機器分析学同実習などの科目で、環境問題の解決や環境保全に必要な科学的専門知識と実験技術を段階的に習得します。

主な科目

〇水環境学 〇大気環境学 〇分析化学 〇環境植物学 〇環境衛生学  〇水質衛生学

◇微生物学実習 ◇機器分析学同実習 ◇分子細胞生物学同実習 ◇環境フィールドスタディ


3年次は、環境のエキスパートとなるための実践的な授業や実習となります。また、研究室に配属し、卒業論文作成のための専門知識と実験技術を身に付けます。

主な科目

〇上水処理工学 〇廃棄物リサイクル論 〇環境・病原微生物学 〇労働管理学 〇環境計量分析学 〇環境リスク学同演習 〇生物多様性フィールドワーク演習

◇環境計量分析学実習  ◇水処理工学実習  ◇環境毒性学同実習  ◇環境影響評価学同実習


3年次までの学びをフルに活用して卒業研究・課題研究に取り組みます。卒業研究では、全員が中間報告会と卒論発表会を行い、全ての発表を学科教員全員で聴講し発表を採点します。

◇卒業研究 ◇課題研究Ⅰ、Ⅱ



学科の学びと進路の繋がり

環境科学科では、学生の興味のある分野を最大限に伸ばすカリキュラムになっています。学科の学びがどのような進路に繋がっていくのでしょうか。ここでは実際の卒業生を例にした履修モデルと進路を示します。

 卒業生の進路はこちらから



在学生の声