新たな環境教育・研究プログラムが始まりました

2019年度から始動した新たな3つの教育・研究プログラム。現実のフィールドを題材とした教育を充実させ、地球規模の環境課題に対応する分野も強化し、現在の課題だけでなく将来的な課題も解決できる人材の育成を目指します。


環境をもっと身近に楽しむ

地球共生系フィールドワーク教育

植物生態学分野の教員と動物生態学分野などの教員との連携によりフィールドワーク実習を新設し、生態系分野の教育・研究を強化します。山地、緑地、河川などの多様な環境でフィールド調査を行うことにより、学生が環境を五感で体感し、生物多様性について実感を伴った理解を目指します。

企業や行政と連携して実社会の環境課題に挑む

未来の共生科学を拓く地球共生系PBL

学生と、企業・行政などの学外の組織が、協働しながら課題解決に取り組む社会連携型のプロジェクト学習(PBL)を開始しました。大学での学びと実社会での課題をテーマにした学びの融合です。学生は「チーム」でデータ収集やディスカッションを行い、地球共生系における実社会の課題を発見・把握する力と課題解決に取り組む実践力を養います。

データサイエンスで気候変動を捉える

気候変動の緩和・適応プラットフォームの構築

人間活動に由来する温室効果ガスの増加は気温上昇を引き起こし、豪雨や干ばつなどの災害増加の一因となるほか、生態系、農業、地域社会、健康などへの様々なリスクが増大すると予測されています。温暖化予測の結果を活用し、データサイエンスの手法を用いて様々な分野での影響評価や、リスクに対する適応・緩和策を考えます。この研究プログラムでは、学科教員が参加する勉強会を定期的に開催し、今後、各教員の研究にも反映していきます。

気候変動勉強会「気候変動予測モデルと温暖化の予測結果」の様子

詳細はこちらから



2019年度実施内容