「アースデイ東京2020」に環境科学科の学生がパネリストとして参加しました

2020年4月19日(日)、「アースデイ東京2020」において、アサヒビール株式会社によるオンラインイベント『森タン ファンミーティング』に、環境科学科4年次の杉森天真さんと小久保萌さん、坂西特任助教がパネリストとして参加しました。

「アースデイ東京」は、毎年4月22日のアースデイ前後の週末に合わせて代々木公園で開催されている世界規模で広がる環境イベントです。本年は新型コロナ感染拡大防止のため、オンラインで環境イベントが実施されました。

『森タン ファンミーティング』では、使い捨てカップの削減を目的にアサヒビール株式会社とパナソニック株式会社が共同開発したエコカップ、森のタンブラー『森タン』で、まずはパネリストと一般参加者のみんなで乾杯!。そして、パネリストが環境問題から『森のタンブラー』におすすめのカクテルレシピまで語り合いました。環境科学科の学生、杉森天真さんと小久保萌さんは、『森のタンブラー』のビール以外への活用への広がりについて、独自の視点でコメントを行いました。

『森タン ファンミーティング』は、YouTubeで見れます!ぜひご覧ください。